ビジネスブログ|埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷駅」徒歩9分。川口市里のファミリー&新婚さん向け賃貸マンション「長堀マンション」(2DK・2LDK)。

お問合せはこちら
長堀マンション
名物大家が経営するメディアで注目の人気賃貸マンション

忠犬タマ公をご存知ですか

こんにちは。

埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷」駅徒歩9分、
ファミリー&新婚さん向け賃貸物件「長堀マンション」大家の雨宮です。

★★ 長堀マンションHP トップページはこちら

午後10時を回りましたが、
窓の外は、まだまだ雪が降り続いています。

東京をはじめ、関東地方は、2週続けての大雪に見舞われました。

今日は、多くの会社で、仕事を早く切り上げて、
従業員に早く帰宅を促していたみたいですね。

雪国では、大したことではないのでしょうが、
滅多に雪の降らない首都圏では、
大混乱を引き起こしてしまいます。

鉄道路線のダイヤは大きく乱れ、
ターミナル駅のタクシー乗り場では、長蛇の列ができています。

まあ、今日は、そんな雪に関連するお話しをご紹介したいと思います。

あなたは、「忠犬タマ公」をご存じですか。

え、ハチ公じゃないの?
と、多くの方は言うかもしれません。

実は、私も、最近までこの「タマ公」のことを知らなかったのですが、
本当に偉い′「なのです。

メスの柴犬、忠犬タマ公は、昭和初期に、新潟県で、
2度にわたって、雪崩で埋まった主人を救出した立派な犬なのです。

この旧川内村は、現在、五泉市になっていますが、
この五泉市のホームページには、
今も「忠犬タマ公物語」として大々的に紹介されています。

飼い主の救出シーンの一部を抜粋してご紹介いたします。

……あっという間に雪に埋もれ、身動きもとれない刈田さん。
上の方で、タマが雪を掘る音がします。
「タマー、タマー」と懸命に呼びかけました。
刈田さんの声に応えるように、雪を掘るタマ。
ついに刈田さんの頭は雪の外へ・・・。
タマは両足を血だらけにしながらも掘り続け、
刈田さんは脱出することができました。……
(五泉市ホームページより)

これは、1度目の救出の話ですが、
この後、もう一度、飼い主を雪崩から救っているのです。

へぇ〜、利口な犬がいるものです。

東京の渋谷駅前の「忠犬ハチ公」は有名ですが、
新潟の「忠犬タマ公」はあまり知られていませんね。

どこにいけば会えるのか、ですが、
新潟駅に「忠犬タマ公」の銅像があるそうです。


忠犬タマ公の像


★★ 長堀マンションHP トップページはこちら




このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る